綿水雲

428139

綿(わた)水雲(もずく)

はじめに

自作ゲームの公開サイトです。興味がある方は手に取ってください。

更新履歴

2018-04-04
みすてぃっく☆ばる~ん ver.Circus 1.24をリリース
2018-02-24
みすてぃっく☆ばる~ん ver.Circus 1.23をリリース
2017-06-09
みすてぃっく☆ばる~ん ver.Circus 1.22をリリース

雑記

log

2018-10-30

ゲーム感想雑記。「ムラサキ劍」の6面は前回の雑記を書いた後にすぐクリアできたのですが、6面決闘全通しクリアが厳しかったため、一旦諦めて「ざくざくアクターズ」の追加シナリオを遊んでいました。アップデート前に魔王タワーを周回し過ぎてたせいか、一戦目の真・貧乏神を倒して突破できたよ、やったぜ。

お話的には、カタルシス溢れる本編にかわって、「ウェイクアップ・リューオー」、「嵐の夜の蜃気楼」、「お婆さんのあやまち」といった不穏な雰囲気の話が好みにあってて楽しめました。追加の音楽では「トリョフ洞窟」の曲が好き。相変わらず、システム面での作り込みは圧倒的で、キャラの掛け合いも魅力的です。

新キャラは、スタン中の3倍撃がロマンあるので、レギュラーに入れました。けど魔法キャラメインなので、スタンは自前で仕込む必要があります。

「ざくざくアクターズ」のあとは、「ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD」を遊んでいます(現在進行形)。これが物凄く面白くて、しばらくその他の諸々が全てストップしました。落ちてるアイテムを拾ってるだけで楽しいとは、どういうことなのだ!?

今作は、始めのチュートリアルを越えたあとはどこにでも行けるので、誰もが違う道筋を辿って、違う発見をします。自分はこういうことをして、こんなものを見つけた、と周りと報告しあって進めるのが、より楽しめるプレイ方法なんじゃないかな、と思いました。ネタバレを避けた小さな発見だけでも、楽しく会話できるのが驚異的です。

ハイラル城のMAP構造が素敵すぎます。ただでさえ自由に道を進めるのに、こんなに侵入経路があるなんて。中盤過ぎてから行ってみたのですが、これは序盤から侵入を試みた方が楽しめた気がしました。ハイラル城は音楽も好きです。屋内派。他のBGMも素晴らしいです。ルッタ戦やナボリス戦の盛り上がりは半端ないです。

おおよそ終わりは見えてきた感じですが、まだまだ新鮮にフィールド探索を楽しめています。祠あと3個。ガノンを倒しに行くタイミングを決めるのが難しいですが、マスターモードも気になります(?)

別解修正の方も、進められるところを進めています。50面はもう少しで完成しそうな感がある?。それと叉十郎さんから別解修正以外のアップデート要素をいただいたので、折を見てリリースしたいと思います。

2018-06-04

ムラサキ劍」を遊んでいます。コレクションを全開放して諸々の背景を紐解きたいのだけど、後3個が中々開きません。条件はおそらく6面クリア、6面全決闘突破、6面300万で、つまるところ6面がクリアできていない。自機回りに四角く敵弾が配置されるボス形態の初撃が発生早くて毎回喰らっているので、意識して回避する必要があるのですが、いざやってるといっぱいいっぱいで、そんな感じで楽しんでいます。

最終目的地や、菖蒲が単なる通りすがり以上の関係があったこと等、更なる続編が作られそうな下地が色々と用意されていて、この先も楽しみです。

3面ボスが音楽やら会話やら、とても好き。がんばれ。